2017年11月27日月曜日

1/f ゆらぎ


 

 秋の虫のこえ、木漏れ日の静かな動き、暗い部屋でゆっくりと揺れるロウソクの炎、打ち寄せる波の音。それらが、不思議と私たちの心を落ち着かせます。

 

   なぜ?落ち着くのでしょうか?
 
 


 

 微妙な空気の流れに左右さるロウソクの炎の動きは、規則的ではありません。打ち寄せる波の音も等間隔ではありません。つまり、規則正しさと不規則さが程よいバランスで調和しているとき、私たちは心地良さを感じ、心がやすまるのです。

 私たちが心地よいと感じるリズムを「1/f ゆらぎ」と呼ぶそうです。

 

ゆらぎの定義は、温度・音量・速度・濃淡・周波数・・・などを測定して得られた観測値の統計的平均値の近くで変動する現象とのこと。

 

例えば電子式メトロノームは、規則正しい一定の間隔で音を刻みます。一方、見たことない人もいるかもしれませんが、柱時計が時を刻むコチコチという音は、一定の間隔のように聞こえますが、正確にはズレが生じています。この機械時計ゆえに生じる微妙なズレがゆらぎです。

そして予測できない不規則なズレのうち、人が心地よいと感じるズレを1/f ゆらぎと呼びます。

私たちの生体リズムも1/f ゆらぎになっています。

 例えば、心臓は一定間隔で拍動しているように思われますが、実際には微妙にズレが生じており、それが1/f ゆらぎになっているのです。(不整脈とか病気ではありませんよ)

 

 外界から伝わる情報(音、動き、模様・・・など)に1/f ゆらぎがあると、それが生体のリズムと共振して、心地良さを感じるのです。その代表的なものが音楽です。音楽の特徴は音響振動数のゆらぎにありますが、ほとんどすべての音楽は振動数のゆらぎが生体リズムのゆらぎと同じように作られていると言われています。また、音楽だけでなくMISIAや吉田美和の声にも1/f ゆらぎがある、と言われています。

 

 かくの木薬局新堀店は、地域の皆様に「ゆらぎを提供する薬局」でありたいです。

(I) 

2017年11月13日月曜日

こんにちは、かくの木介護支援事業所です。


11月3日(文化の日)の新堀1丁目秋祭りに、

新堀店・高齢者相談センターと一緒に参加しました。

秋晴れの下、子供神輿や模擬店などとてもにぎやかなお祭りでした。

かくの木からも、健康相談コーナー(各種測定)や

健康食品販売・バルーンアート体験コーナーを

通じて地域の皆様と楽しく交流することができました。  (S)


2017年11月6日月曜日

今月のいちまい

 
こんにちは。
毎日寒いですが、いかがお過ごしでしょうか。
皆様、お体を冷やさないようご注意ください。
 
 
さて、今月のいちまいです。

 

新江ノ島水族館のベテランクジラ、オキゴンドウのセーラーです。

大きな体でジャンプする姿はとても迫力があり感動しますし、
ショーの空き時間は他のイルカとくっついて水槽の中を泳ぎまわっている姿や
つぶらな瞳と大きなお口にいつも非常に癒されています。


アクアパーク品川や八景島シーパラダイスのオキゴンドウも
他のイルカとじゃれあっている様子を何度か見たことがあったので、
とても穏やかな種類なのかと思っていました。


オキゴンドウについて調べてみたところ、人間には懐きやすいそうですが、
野生のオキゴンドウはイルカや小型のクジラを捕食したり、
集団でクジラを襲い尾びれを食いちぎりクジラの動きをおさえて抉ったり、
マグロ類から肉や内臓だけ抉り取ってしまい漁業被害をもたらすこともあるようです。

野生のオキゴンドウにはそんな一面があるのだと驚きました。


防寒対策をしっかり取って、また冬の新江ノ島水族館も満喫しに行きたいと思っています。

(W)


おまけ😊😊


ショーの空き時間に陸に上がっていました。
何かを待っている様子。

餌をGET


パクッ。





おわり。